FC2ブログ

Emma のハッピーライフ 

父親目線での育児、出産記録

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20060831233158.jpg

長男誕生から今日まで出産の余韻に浸りつつ、仕事、育児、病院と時間に追われ、毎日バタバタ・・・。 一日の時間がとても足りてない・・。(ごめんなさい、僕の言い訳です。タイムマネージメント出来てないだけですね)

特にEmmaを寝かしつけるのは体力勝負。仕事終わってから病院に行って、帰ってからナカナカ寝ないEmmaを寝かすのはとても体力が消耗して、僕が先に寝ちゃいそうになってます (笑) 


20060831233232.jpg

でも、いくらクタクタでも、生まれてきた子を一目見ると疲れも吹っ飛んじゃいます。生まれた時もこんなに小さかったっけ??って思うくらい小さいんです。 

20060831234422.jpg

ほら、足のサイズも僕の人差し指よりも短いんですよ。足も細くて大切に扱わないと折れてしまいそうなくらいです。

20060831233256.jpg

これから毎日嫌!っと言うくらいだっこ出来ると分かってるんですが、やっぱりだっこしたくなっちゃいます。僕に抱かれて赤ちゃんも「あれ、誰だ?なんだかゴツゴツしてやだな~」なーんて思ってたりして!

トトママは、他の産婦さんと一緒に有意義な時間を過ごしてました。この病院には出産後にエステがついてたり、食事も豪華。 まだ産後の出血もあり、痛みもあるみたいなので、今のうちにゆっくりして体力回復に専念してるみたい。ちなみに退院は明日、9月1日。朝迎えに行ってきます。


スポンサーサイト
朝、起きたらトトママから陣痛が始まった事を告げられ、一発で目が覚めた。前の晩から何となく"予感"というか、胸騒ぎがあった僕はトトママの実家に泊まっていたのでそのまま車に乗せて病院へ直行。 車で約30分、陣痛の間隔もだんだんと短くる。途中、お腹に手をやると普段よりも硬くパンパンに張っていた。トトママの表情はかなり苦しそう。焦る。。

病院に着くとすぐに陣痛室へ。すでに子宮口も5cm開いており、出産は間近に迫っていた。 約3年前のEmmaの時と同じ病院、同じ陣痛室、同じ空気。ただ違ったのは僕もトトママも当時と比べて度胸が据わっていた。
陣痛室に入って約15分後、分娩室へ。かなりのスピード。前回とは大違いだった。 そして・・・



DSCF1904-sepia.jpg

平成18年8月28日午前8時ジャストに元気な男の子が産まれました!
体重3274g。Emmaが産まれてきた時も3200gとほぼ一緒。 出てきた瞬間、赤ちゃんの元気な泣き声を聞いて胸が熱くなった。そして、トトママの側でまた新しい命の誕生に立ち会え、母子共に健康なのを確認できた満足感と達成感に包まれました。


20060828230248.jpg

産まれたばかりなのに、しっかりと指を握りしめてまだ目も見えないのに声のする僕とトトママの方を目でしっかりと追っていました。


20060828230632.jpg

初めてだっこした感覚はとても柔らかく、軽くて潰してしまいそうなくらい小さかったです。


DSCF1947.jpg

午後におばあちゃんとEmmaを連れて再度病院へ。
Emmaは今朝は寝ていたので、起きた頃には僕もトトママもいなく、留守番してました。 トトママのお腹が大きくなるにつれ、Emmaにも説明はしていましたが、実際2歳の子がちゃんと把握なんて出来ませんよね。病院行く前に事前に今朝の出産のビデオを見せましたが、それでも分かってるのかな??って感じでした。 実際、こうやって病院で見ても、家に赤ちゃんが来るまでは実感ないと思います。Emmaは何を思ったのかな?


DSCF1920-sepia.jpg

今の心境は、充実した一日を振り返ってみると、幸福感でいっぱいです。無事に立ち会えて、トトママが想像を絶する様な痛みや辛さを感じている時に側にいれた事や、赤ちゃんの第一声、匂い、感触を体感出来た事。そして、二人を見守ることが出来たこと。


これからも大切に守っていきます。


DSCF1875.jpg

住んでいる近くには公園が沢山。今日は最近、Emmaのお気に入りの公園へ出かけました。


DSCF1885.jpg

3人でのお出かけは久しぶりだったのでご機嫌でした。





DSCF1889.jpg

お砂場でケーキ作り? ではなく、かき氷だったみたい。味はいちご味だって。


DSCF1891.jpg

なんで指指してたんだっけ??



DSCF1892.jpg

丘の上までよ~い どん!  よ~い どんのポーズは面白いので今度アップします。 (笑)


DSCF1893.jpg

これが、最後の3人での"お出かけ”になるのかもしれません。これからはもう一人、男が増えます。遊び方も変わってくるんだろうな~。
それにしても、お金もかかってくるんだろうな~。エアーチケットもこれから4人分・・・。そう簡単に海外旅行行けないのかな~。 いやいや、ジャンジャン行けるように頑張らねば!  


赤ちゃん誕生まであと: 5日
20060827001856.jpg

最近ようやく自転車をこげるようになったEmma。

僕: Emma自転車乗れるようになったの? パパに見せてよ! 

Emma: いいよ! じゃあ、乗っけてあげようか?

僕: あ、うん・・・。 


20060827001912.jpg

結局一人で行ってしまいました・・・。




20060827001942.jpg

夕方、おばあちゃん達がEmmaとトトママを連れてサイボクへ今晩の晩ご飯用にポークを買いに行き、ブタを見たEmmaは興奮気味。 本物のブタを見るのは初めてで興味津々だったみたい。 
今日の晩ご飯はトンカツ、サイボクのお肉を使ったトンカツは最高なんです。 

食事の時に
僕: Emma今日ブタ見たの? 可愛かった?

Emma: ブタ見たんだよ~。 

僕: このトンカツ、ブタさんなんだよ!

Emma: ちがうでしょ~

トトママ: パパやめなさい!!! 

僕: ハイ、ごめんなさい・・。



ちなみに、トトママの予想ははずれ。もう少しで今日も終わりそうですが、産まれる気配はありません。


赤ちゃん出産まであと: 6日

20060826013652.jpg

お盆前に心をがっちりつかまれ、虜になった三河屋へ行ってきました。
実はこのお店、昭和初期に精肉店として開業して、当初から揚げ物には定評があったみたい。知っている人は知っている名店でした。

DSCF1866.jpg

11時30分オープンで、オープン前からファンが並んでいると聞いたので今日も多いかと思いきや、今日は12時過ぎで3組待ち、ラッキー!
otonari-sanも気合入れて腕まくり。


DSCF1868.jpg

ド~ン。 今日は、チキンカツ定食。今日のおまけはコロッケ。しかもチキンは2重になってました。 あざ~す!
今日もおじさんとおばあさんは愛想が良く、「お金いっぱい払ったんだからどんどん食べて行ってね~」とか、帰り際には「ちゃんと食べたの? 今食べないでいつ食べるのよ~」など、沢山食べて帰って下さいという気持ちが本当に強い人達です。 参りました。

          



                     最高です!!  (パクリ)


昨日は横須賀の友達の家に泊まりに行ってきました。
出産間際に!? っと怒られそうですが、産まれたら中々外には出れなくなりそうなので、今がラストチャンスだ!って勢いで行ってきました。
友達のHIROさんの高校時代からの友人が横須賀でフレンチレストランをやっているので連れて行ってもらいました。お店の名前は『シャルディエ』 一日限定一組。宣伝、看板一切無しの隠れ家レストラン。オーナーシェフのS氏の食事はどれも絶品。トークも弾みすばらしい夜でした。
*カメラを忘れ、写真取れなかったのが残念。次回乞うご期待!

もしも、横須賀にいる間、陣痛が始まったら?っと心配もしましたが、トトママがちゃんとお腹の赤ちゃんに『今日は出てこないでね』っと説得したらしく、まだ出てきませんでした。ふ~  

さて、2日ぶりのEmmaはというと、仕事帰りに食事を一緒にしようと実家にバイクで帰ってきた僕を捕まえて、 「パパと自転車乗りたい!」 自転車に乗りながら、今日の出来事や最近Emmaがはまっているトトロの話などして、親子のコミュニケーションをとりました。


20060824230452.jpg

写真は食後の歯磨き。この後、僕に歯を磨かせたくないと大泣きされちゃいました・・・。 なんでですかね? Emmaは歯磨き手伝おうとすると嫌がります。 歌ったり、リズムとったりするんですが、今日は駄目でした。


トトママの予想では26日に産まれるって言ってましたが、さてどうでしょう!


赤ちゃん誕生まであと: 8日
もうそろそろで産まれると思うといてもたってもいられず、昨日はトトママの実家に僕も泊まりました。 
Emmaは最近、赤ちゃんが生まれるのが分かるのか、やたら甘えん坊になったり、グズッたり、不安なのか心配なのか夜もなかなか寝なくなってしまったので、そんなEmmaをすこしでも落ち着かせようと久しぶりに一緒に寝ました。 いつもなら、本を2,3冊読んだら眠くなるはずが、5冊読んでも全く眠る気配がない。ずーっとゴロゴロしてて結局寝たのは11時頃。いつもより2時間遅い。
きっとEmmaもEmmaなりにいろいろ考えて我慢してるんだと思う。そんなEmmaの負担を少しでも減らせるように頑張ってるのですが。

DSCF1844.jpg

食事中も落ち着かないEmmaでしたが、食欲旺盛でした (笑)

Emmaを寝かせた後、ゴロゴロしてたら、Emmaが生まれてくる時の事を思い出しました。 あの時は、初めての出産だったので、僕もトトママも今回よりも不安な気持ちが強かったです。早朝に陣痛が来て、僕がドキドキしながら仕事に行った後、トトママは一度病院に向かいましたが、まだ赤ちゃんが下まで降りてきてなく、もうちょっと時間がかかるという事で一度家に戻り、午後3時ごろ入院。僕はその日一日中、仕事が手につかず、トトママから連絡があった時には心臓が破裂しそうなくらいでした。病院に着いてからは陣痛室でトトママの傍でその時を待ち分娩代に移ってからは、必死に頑張ってるトトママの顔を見ていたら胸が熱くなりました。そしてEmmaが生まれてきた時はすごく、すごく嬉しくて今まで体験した事のないくらい幸せな気分になりました。なにより、立ち会った事により、実際産んだトトママと一緒にその時を迎えられた達成感がありました。 


重さ3200g、身長49cmのホカホカな赤ちゃんを初めて抱きしめた時は、これから、どんな事があっても守ってやる。そして、幸せな人生を送れるよう全力で頑張ると心の中で誓いました。


DSCF1849.jpg


あれから2年と8ヶ月、もう1人子供が増える喜びでその時を待っています。


赤ちゃん誕生まであと: 9日
いよいよ、お腹の赤ちゃんは今週で39週目。
重さも2900gになり、もういつ出てきてもおかしくない時期に入ってきました。 ちなみにEmmaはこの39週目に出てきました。

DSCF1848.jpg

この写真はだいぶ前の写真ですが、こういうエコーの写真を見ると実感が沸いてきます。 最近の写真はあまり良く撮れてないので・・・。

産まれる前は赤ちゃんも下に降りてくるので動かなくなるのですが、まだお腹の赤ちゃんは良く動き回ってるので全然産まれる気配はありません。

出産が始まる時は陣痛が10分おきになったら病院に行くのですが、経産婦の場合は初産婦と違い、早く産まれやすいので、陣痛が20分間隔になったら病院に行きます。僕は今回もバッチリ立ち合う予定です!

トトママはというと、もう今すぐにでも産み落としたいみたい (笑)
床に落ちている物を拾うのが本当に億劫らしい。 僕もお腹いっぱいの時はそうなので共感できますね。 (え!違うの??)

赤ちゃん誕生まであと: 10日  ←あくまでも予定日まで。

先日、AERA に「学力伸ばす生活習慣」という記事が載ってました。 その中にこんなトピックがありました。

勉強グセつく家

*子供部屋を独立させないードアを半透明にする等、部屋にこもらないような工夫をする。

*家中を勉強スペースにー特定な場所を設けるのではなく、リビングやキッチンでも勉強できるスペースを確保。親とのコミュニケーションが取れやすい。

*子供部屋を引越しするーリフレッシュ効果がある。気分転換になるみたい。

*本棚に家族みんなの本を集めるーいろんなジャンルの本が集まる。家族がどんな本が好きか、昔、感銘を受けた本などを説明しやすい。

*キッチン、ダイニングを贅沢にー家族がコミュニケーションを取れるように。

*書くコミュニケーションを取り入れるーホワイトボードを置く。書く事により考えをまとめやすい。記憶力アップ。



ぶっちゃけ、この中には僕が子供だったら嫌なのもあります。 
ですが、いいアイデアもありますよね。
皆さんもご参考に。




週末に愛知県からオーストラリア時代の友達I.T君が遊びに来てくれました。 彼はなんと、愛知県にある篠島という、人口2000人の小さな島の小学校の先生をしています。そこの島は漁業が盛んで、生徒の8割以上が漁業を営む家の子供みたいです。  そのI.T君が担当しているのは6年生で学年で16人の小さなクラス。I.T君が言うには島の子供達は皆ピュアで皆が皆、良い子で本当に可愛いみたい。

そんな彼とは2001年に当時まだ学生だったI.T君が大学を休学して、ワーキングホリデーでゴールドコーストに来た際に出会いました。そんな彼の第一印象は、"優しい人" 和み系で皆彼に癒されてました。(笑)
毎晩のように皆で集まっては遊んだり、餃子大食い大会したり、(笑) してました。そうそう、彼に水泳を教えたのはこの僕です。そんな彼が今生徒に悪戦苦闘しながら水泳を教えてるのを想像すると笑いが止まりませんが!(笑)
最後に会った時はまだ先生になる前で、先生になったと聞いても、ちゃんと先生しているのか心配してましたが、今回会って、話を聞くと想像以上に頑張っている先生でした。
どんなに、環境が良くても問題はあるし、悩みもある。彼も自分の教育論と国の方針の違いのジレンマに苦しんでいました。

20060820234224.jpg

EmmaもすぐI.T君に懐いてしまい、片時も傍から離れようとしませんでした。さすが先生!子供の扱い方がうまい!


20060820235952.jpg

パスタまで食べさせてもらってウキウキなEmmaでした。

20060821000348.jpg

20060821000407.jpg

地元の蔵作りが残ってる町並みを案内していたらいつの間にか2人で一緒になにかお願い事してたみたい。Emmaは何をお願いしたのかな??


今の世の中、学校の先生と言っても犯罪を犯す先生も増えたし、中途半端な気持ちで先生をやっている人も多いと良く聞きます。 僕自身、今まで"恩師”といえる先生に巡り合った事がありませんが、このI.T君のような先生の下で勉強出来る子は幸せだと思いました。 

もしも、先生を選べるならばEmmaも次の子もお願いしたいくらいです。


那須に二人で旅行に行って依頼、Emmaは益々パパッ子になってしまったみたい。
今日も早朝から僕の夢を見たらしく、寝ぼけて

       『○○~!○○~の所に行く~!』

っと、"パパ"ではなく、僕の名前を叫んで大泣きして、大変だったらしい (笑)
なので今日は、午前中からトトママの実家へお邪魔して、Emmaと一緒に遊んできました。

20060819235332.jpg

今日も関東はかなり暑かったぁ。ちょっと歩いただけでウェッティーでした。(汗)


20060819235358.jpg

実家の近くにあるアスレチック公園。この公園は木に囲まれているので、Emmaはこの公園を木の公園 → キノコ公園とよんでいます。 久しぶりに来たら、前は出来たはずのアスレチックが出来なくて、『パパ、助けて~』 だって。甘えてるのか、又は久しぶりで出来なくなったのか。 
どっちかな?

やはり、2人旅は本当に絆を深める事が出来ました。これは普段、ナカナカ一緒に子供と接することが出来ない人は尚更オススメです。 是非、ママ抜きで旅をしてみて下さい。


20060818233322.jpg

ランチタイムにotonari-sanとウォーキングしてたら偶然見つけたお店。
精肉店かな?っと思ったら、中はお洒落な雰囲気のレストランでした。店頭ではお肉も販売しているみたい。

お肉屋さんの牛丼だけあって、お肉は柔らかい。ペロッと食べ終わっちゃいました。
お弁当もあり、お持ち帰りの牛丼は半額の500円。
今度はお弁当にしようかな。

お店情報: 牛の蔵
20060817230605.jpg

おばあちゃんちでお絵描き中のEmma。
何を書いているのかと聞いたら、 『おばけ書いてるんだよ。』 だって。


お化けって・・・。 そんなだったっけ? (笑)


まだマルとか棒線くらいしか書けないみたい。いつになったら顔とかかけるようになるのかな? 




那須から帰った僕とEmmaは少々お疲れ気味。
昨日、今日はマッタ~リしてました。

トトママは、Emmaがいない間、気ままにカフェに行ったり、ブラブラ自分の時間を満喫したみたいですが、やはり寂しかったみたい。 たった2泊3日の旅ですが、産まれてからこんなに長い間離れ離れになった事が無かったからいろいろ心配もしたみたい。

Emmaも、那須の滞在中は一言も"ママ"っと言わず、ずっと我慢していたみたい。最後の晩、夜中に目が覚めたEmmaはつい本音が出てしまったのか、"ママ~”っと大泣き。ずっと胸に溜め込んでいた物を、全部涙になって流してました。 次の朝はケロッとしてましたが・・・。

そんな2人は久しぶりに?再会し、大袈裟にハグしてました。


maki38weeks.jpg

僕が不在の間に産気づいたら・・・。っとちょっと気がかりでしたが、まだまだ出てきたくないみたい。 順調にスクスク大きくなってます。





赤ちゃん誕生まであと: 16日
那須3日目、最終日。
今日は新盆という事で、親族とご近所さんの所と2件行って来ました。
もちろん、Emmaも連れて行きました。全く状況が分からないEmmaですが、一緒にお線香を上げてチーンチーンと鐘を鳴らし手を合わせていました。


帰る前におじいちゃんが働いている場所へ。


20060814224529.jpg

ちょっと強面ですが、Emmaにはメロメロなおじいちゃん。 


20060814224840.jpg

久しぶりの再会も束の間。今日でまたお別れ・・・。 おじいちゃんの背中がちょっぴり寂しそう。



20060814225328.jpg

写真は5月の時のですが、ひーおばあちゃんとのツーショット。
歳の差なんとジャスト80歳!! ひーおばあちゃんはピザとパスタが大好き。今でもマニュアルの車を運転している元気なおばあちゃん。



新盆とかって、正直面倒くさいイメージがありますが、あまり日本のこういう行事に参加する機会が無かった僕としては、疎遠になっていた親戚とも再会する事が出来るし、亡くなった人の昔話や自分達が小さかった頃の話を聞けたりとてもいい機会だと思いました。 

さて、自分も死んだときこうやって人が集まってくれたらやっぱりうれしいんだろうなぁ~。 もちろん、このブログを読んでくれている方々は来てくれると思いますがね。 
ちゃんとオーストラリアまで来て下さいよ。(笑)
那須2日目。
昨日の夜も遅かった僕は朝もぐっすり眠っていたら、 『パパ、眠いの?』 (いやいやいや、眠ってるんですけれども) 『はやく起きて! モウモウ見に行くよ』 (ハイハイ Zzzz) 『起きなさい~!』

おじいちゃんと朝食をすませ早速、牧場をやっている友達の牛舎へ。


DSCF1700.jpg

一ヶ月前に生まれたばかりの子牛とスキンシップ。



DSCF1702.jpg

前回来た時は牛と牛の間を歩けなかったEmmaでしたが、今回は結構平気だったみたい。 



DSCF1707.jpg

2日連続のりんどう湖! (笑) 他へ行こうかと思ってましたが、何処へ行っても渋滞に巻き込まれるだろうという事で、近場へ。幸い、Emmaは動物大好きなので大満足。



DSCF1718.jpg

昨日は馬に餌付けが出来なかったEmma。今日はちゃんと出来ました~。



DSCF1726.jpg

今日もアイス!あげすぎでは!?っという意見も出てきそうなので言っておきますが、半分以上は僕が食べてますよ! (欲張りではないですよ! Emmaのためにね) 


DSCF1731.jpg

自然の中で子供を遊ばせると、普段本やテレビでしか見れない動物と触れ合えたり、太陽の下で植物の匂い等を嗅ぎながら無邪気に、汗かいて遊ぶ事って子供の成長上大切ですよね。最近はインドアな遊びも増えてますが、自分の子供には日が暮れても外で遊んでる子になってもらいたいですね。


そうだ、来年の夏はトトママと赤ちゃんも連れてキャンプに行こう!
いや~、楽しいだろうなぁ。 絶対、トトママは嫌がるだろうけど。
今日からEmmaと二人で那須高原に里帰り。
Emmaと二人っきりでの旅行は初めて! 最近は顔をあわす時間も減っていたので親と子の絆を深めるにはもってこい。
トトママは動けないので実家でお留守番。

予定では朝の4,5時頃出発しようと考えてましたが、昨日、一昨日と寝不足だったため、起きれず結局8時ごろに出発。 このタイムロスが大きかった・・・。 高速に乗ってすぐの掲示板を見ると

       館林 - 那須 渋滞 100キロ


結果、那須についたのが、3時半・・・。なんと7.5時間!!!
お盆休みの初日に一番混む時間帯に出た僕がいけないんですが、Emmaは半分以上寝ていましたが、やっぱりすわり疲れたみたい。
那須高原に着いたら、早速近所にある、りんどう湖ファミリー牧場へ。

DSCF1661.jpg

普段ならトトママが一緒に乗るんですが、今日は僕が乗る羽目に。他のパパとちょっと恥ずかしそうに乗って来ました。


DSCF1669.jpg

子牛を見るなり『かわいい~ぃ  でも、顔を近づかれるとビビってました。




DSCF1672.jpg

念願のアイスをパクッ


DSCF1680.jpg

そしてベチャベチャ


DSCF1682.jpg

アスレチックスでノリノリに遊んでました。


夕食はおばちゃんと、ひーおばあちゃんとおじいちゃんと食事。
皆、久々に見るEmmaの言動、行動で成長を感じてたみたいで、関心してました。 一番驚いていたのが食事の時、ご飯を3杯食べたEmmaに皆唖然としてました。 (笑)

夜はおじいちゃんに本を読んでもらい、すんなりと寝てしまいました。
これにはちょっと意外でした。絶対、『ママ~!ママ~!』と泣き叫ぶのかと思っていました。 一安心。

トトママもEmmaとこんなに長い時間離れるのは初めてだから、息抜きが出来る反面、心配もしている事でしょう。 

今日のランチは西麻布にあるとんかつ屋、三河屋さん。
前からお店の外までずらーと行列だったので気になっていたところ。
案の定、すでに行列が出来ていて、僕達は8人目くらい。 そして、
いよいよ次が僕達の番って時におばちゃんがメニューを聞きに来たので、ミックス定食を注文。

おばちゃん「ミックスが2つね。 好き嫌いないでしょ?」

僕「好き嫌い・・・??? はい、無いです」

おばちゃん「じゃぁ、ハムかつサービスね!」

僕達: 大感激!!

店に入る前から僕達はこのお店のファンになってしまいました!
中に入ると、おじさんが「暑い中、待っていただき有難うございます、どうぞ、冷えたお茶を用意しております」と席に案内。 な、なんという心遣い!! 席にはすでにお茶が置いてあり、僕達は泣きそうなくらい感動していました。

20060811233834.jpg

衣がサクサクで中がジューシーなメンチカツとホクホク芋のコロッケにサービスのハムカツ。

ご飯をおかわりしなかったら、おじさんが「ご飯たりましたかー?」
なんというサービス精神。 結構、回転率の高いとんかつ屋さんを2人で切り盛りしながらこのサービスはすごい!

お店を切り盛りするおじさんと、フライを揚げるおばさん、それから、普段は娘さんがいるみたいでしがた、今日は2人だけでした。

ランチだけでこれだけ人の心をつかんでしまうお店は今まで経験した事がない。
毎日、行列が出来る理由が分かりました。

僕も今日から大ファンです。  
やはり、家族がいない家はなんか物足りない・・・。
今まで普通に生活していたメンバーがいないとリズムが狂う。


良い面は自分の時間が持てること。普段、Emmaに使っている時間(お風呂、寝かせ等)がない分、いつもよりゆとりがある。 

20060811000854.jpg

最近は産まれてくる子への準備としてEmmaの時にも勉強した事を復習。
昔、読んだはずなのに今読み返すと、目から鱗が落ちる情報が沢山ある! 一人で『へぇ~』とか『なるほど!』っと感心してしまう。自分は2人目の育児だし、楽勝だよ! なんて考えてましたが、甘かったです。 やはり、人間勉強し続けないと忘れちゃう事も多いですよね。

それから、名前! まだ本当に決まってません・・・。だんだん焦って来ました。トトママと顔を会わす機会が減った分、もちろん、名前を一緒に考える時間も無くなりました。 もうほんと、いつ産まれてもおかしくないのでそろそろ本腰いれて考えないと! 

赤ちゃん誕生まであと: 21日
今日、COURRIER JAPONを読んでいたらとても興味深い記事があった。
タイランドの記事でトピックが 『子供を同性愛者にしたくない親たちの"予防策"』

20060809232540.gif



今までオーストラリアという土地柄、同性愛者の人達とは普通に接する機会が比較的多かった。仕事の上司、友達等、ざらにいたので、普段接する分には、もちろんなんの問題も無いし、普通の上司、友達として接してきた。

では、自分の子供の場合は・・・?    


タイランドの記事では、"予防策”として、

・男の子を持つ親の場合はお父さんと一緒にいる時間を増やす(女の子の場合はお母さん)
・男の子には男の仕事、庭の手入れ、力仕事等を教える。
・女の子には女の子ならではの御習い事などをさせる。
・男女のしくみの大切さを教える。  など

もし、Emmaや次の子が同性愛者になったら・・・。
同性愛者になる原因は生活環境なのか、遺伝なのか、いずれにしろ幸せであればいいような・・・。 難しいなぁ・・・。

既にお子さんをお持ちの方、又は、未来のパパママ、どう思いますか?

今週からトトママは出産まじかという事で実家へ里帰り。もちろんEmmaも一緒に・・・。これで当分Emmaとも会えないのか・・・。トホホ

なんちゃって。実は里帰りといっても実家は車で10分くらいの近さ。超近いのです! (笑)
僕も仕事帰りに寄ってEmmaと遊んで、夕飯を一緒に食べて帰宅しています。今のところ、何も不便なところはなく快適(怒られちゃうかな?)に暮しています。


maki36weeks.jpg

今週で37週目。お腹もパツパツで、トトママもだんだんと動きまわるのが辛くなってきたみたい、いよいよ出産が近づいて来ましたぁ~!

今回で2回目となる出産を一緒に体験する僕は、前回の経験があるせいか、不安は少ない。むしろ男の子を育てるというイベントが待ち遠しいくらいだ。 唯一、心配なのはEmmaのケア。 必然的に赤ちゃんに注目がいく中、Emmaはジェラシーを感じるだろう。きっと関心を惹こうと今まで以上に甘えたり、ぐずったりしてくると思う。そんなEmmaに対してのアテンドは産まれてくる子供と同様、大切なことなんだろう。


最近読んだ本の中にこんなフレーズがあった         

       相手に理解されたければ相手の立場になって考える。


頑張ります。

花火大会に行って来ました。

海と同様、人込みの多い場所や渋滞する場所へはトトママは行けないので今年は諦めていた恒例の花火大会でしたが、今回は、おじいしゃん、おばあちゃん、義理弟、近所のおじちゃん、おばちゃんと大勢でいけば安心だね!って事でトトママも参加して行って来ました!

Emma at hanabi

今年で3回目の花火大会。毎年恒例になった田んぼの真ん中の特等席での観賞。


Emma at hanabi

義理弟(30歳、同じ歳、独身)に抱っこされながらもトマトを食べ続けるEmma。なぜか、親族で唯一Emmaに呼び捨てで呼ばれる義理弟。自分の方が上だと思ってるのかもね (笑)


Emma at hanabi3

僕: 綺麗な花火だったら“たまや~”って言ってごらん。

Emma: た~やま~っ た~やま~っ た~やま~!

nanabi

花火は撮影が難しい!
hanabi

これはどう?

Emma & takashi at hanabi

皆と花火に行けて満足げなEmmaでした。

帰りの混雑と渋滞が妊婦には怖いので最後まで見ないで帰宅。Emmaはクタクタで車に乗せた途端にスヤスヤ寝てしまいました。今年も着々と夏の行事を体験させる事が出来て良かったです。

ちなみに、たまや~、かぎや~って言うのは江戸時代の花火職人の名前みたいですね。鍵屋の七代目が分家して玉屋になり、競いあっていたときの庶民の掛け声が名残りとし現在も受け継がれてるんだって。

皆さんは花火行きました?

この夏はトトママの出産の為、大好きな海へ遊びに行けないEmmaはちょっぴり悲しげ。僕と二人で行ってもいいのですが、ドライブ中や、トイレなど一人でEmmaを見るのはちょっと自信ないので今年は断念。かわりに川やおうちのプールで我慢してね。

emma swim at home

ちょっとシャクレ気味のEmma。『パパも一緒に入ろうよ!』 (パパにはちょっぴり狭いな~

emma swim at home

『ちゅめたくな~い?』

emma swim at home

つい最近までEmmaのお腹の中にも赤ちゃんが入ってると思っていたみたい。 (笑) このポッコリお腹はいつへッコムのかな?

Emma swim at home

バルコニー?を走り回りながら自作の歌を歌ってましたが、こちらはチンプンカンプン。 そんなこともお構いなく歌って踊り続けてました。
今日は久しぶりに友人のトラブルメーカーさんと再会。

彼は今、針灸の先生になり今年の5月から横浜で開業。針灸を使った赤ちゃんとのスキンシップのクラスを持つ等、とても精力的に活動しています。

当時、ゴールドコーストで一緒に働いていた仲間で僕が18歳で彼が19歳。その後何度か会ってましたが、日本とオーストラリアという距離もあり最後に会ったのは5年前、トラブルメーカーさんがゴールドコーストに遊びに来たとき以来の再会。

猛スピードで溜まっていた仕事を片付け、6時ちょっと前にえびす像の前へ。 まるで離れ離れになっていた彼女と再会するようなドキドキ、ワクワク感でした。 (笑)

久しぶりに見るトラブルメーカーさんは貫禄が出ていましたが、その人懐っこい笑顔はそのままでした。

お互い懐かしい話をつまみにビールを飲み、記憶の奥深いところから懐かしい思い出がフラッシュバック。中には完全に忘れていた事も思い出したり、懐かしさで胸がいっぱいでした。 その後、仕事の話や、僕の結婚、育児話、将来の話などをしてお互いの成長を認めつつ、三十路になり、自分の道に進んでいる自分達を再確認しました。

20060805000424.jpg


最後、別れ際に“黄金の左手”をカメラに収め、近いうちの再会を約束して帰路につきました。

恵比寿ガーデンプレイスの38階にある叙々苑に来ました。

今日もランチメニューにある叙々苑牛丼ランチ(大盛り)をトライ。

20060804231706.jpg


前回、雨の時に行ったら長蛇の列。30分以上待ったので、晴れた日なら空いていると思ったら今日も結構待ちました。

38階からの景色を見ながら時間が無いので牛丼をガツガツ食べました。
もっとゆっくりしたかったな~。


8月3日。 今日で結婚3年目を迎えました! いや~、あっという間の3年間でしたねぇ~。大学卒業、結婚、帰国、就職、出産、育児、また妊娠 (笑) イベントだらけだった3年間。

夕方、Emmaをおばあちゃんに預けてトトママと近場のフレンチレストランへディナーしてきました。

20060803233801.jpg



トトママ:『この3年間を振り返ってみてどうだった?』

僕:『いろんな事があって、あ!っという間だったなぁ~。でもトトママもEmmaもハッピーだから、僕もハッピーだよ! ハハハッ』

トトママ:『あなたが一番ハッピーそうよ』


そうなんです、このブログを通してもう皆さんお気付きだと思いますが、トトチンこと僕が一番ハッピーなんです。 だって家族の柱の父親が幸せじゃないと他のメンバーも本当に幸せにはなれないですよね。

なのでそろそろタイトルを変えたいと思います。
新タイトルは 『トトチンのハッピーライフ』







なんちゃって! 冗談ですよ~。
今朝、父親の育児参加についてとても興味深いニュースを観ました。
国立女性教育会館の実施した「家庭教育に関する国際比較調査」で日本の他に、韓国、タイ、米国、フランス、スウェーデンによる6カ国で今朝の各新聞にも取り上げられていました。

日本の父親が平日に子供と過ごす時間は3.3時間で5位。1位のタイの約半分でした。ちなみに最下位は韓国の2.8時間。

平日に3.3時間?? 僕はもっと低いと思っていたのでちょっと意外でした。 現実問題、子供が寝ている間に家を出て、寝た後に帰ってくるサラリーマンが多い中、本当に3.3時間も過ごしているのでしょうか?只、まだ寝ていない子供がいて、父親は違う事をしている時間も計算には入ってるのでしょう。 僕はこの数字は決して少ない方ではないと思う。要は、この3.3時間のうち、どれだけ子供と向き合って接しているかだと思います。目を見て何かを伝えたり、話を聞いたり、スキンシップをするなど、『育児』の時間を作る事が大切だと思います。

また、子供と接する時間が短いと悩む父親は10年前よりも10%増えているようです。最近は日本の企業でも労働時間の短縮や、父親の育児休暇なども取りやすくなっていますが、この点については、他の欧米などに比べ日本はまだまだ遅れていると思います。

家族の時間が増える→夫婦円満→出生率も増える→子供の成長にとってもプラス=ハッピーライフ 笑


先ほど、WBAライトフライ級王座決定戦が行われ亀田興毅選手が同級1位のフアン・ランダエタ(ベネズエラ)に判定勝ちしました。
試合の内容うんぬん、僕が一番印象に残ったのは勝ちが決まった後、号泣しながら何度も何度も『おやじのボクシングが世界に通用することを証明したかった』と叫んで、同じく号泣しているトレーナーであり父に抱擁するシーン。そこには熱い親子の関係がありました。

Emma at hidaka park

来年で3歳になるEmma。
そろそろ幼稚園や保育園を何処にするか決めなくてはいけない時期になりました。  
この幼稚園選びもまた大切な作業の一つ。幼稚園によっていろんな方針があります。

-英語に力を入れているところ。

-御習い事に力をいれているところ。

-自然と戯れてのびのびできるところ。

-長い時間預かってくれるところ。 etc...


来年の4月から入園する場合は今年の10月から願書受付で、どの幼稚園/保育園も一日体験入園を積極的に行っていて、実際どのような教育を受けれるのか、どんな保育士さんがいるのか等を子供と一緒に体験することが出来ます。
うちの場合は今年最大のイベント『ザ・出産』が控えてるので、そちらの方に力を入れてて、まだ幼稚園選びには本腰をいれてませんでした。

僕の今現在の希望としては、“野外活動が盛んなところ”ぐらいです。まだまだ勉強不足かもしれませんが、別に習い事が沢山あったり、英語を習ったり等はまだ必然的なものではないですし、それよりも友達と外で遊んだり、協調性が芽生えるアクティビティーがある方がいいと思っています。ちなみに習い事は水泳、空手、バレーをやらせたいですね。(あくまでも僕の意見です。トトママは知りませんが・・・。)


Emma looking for kindy

仲良しなお友達と一緒に保育園見学。プールに入れてうれしそう~。
(僕も昼間プールに浮いていたいなぁ~。現実は書類の山に埋もれたデスクで溺れてます・・・。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。