FC2ブログ

Emma のハッピーライフ 

父親目線での育児、出産記録

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20060918214158.jpg


Danが産まれた際に頂いたプレゼント。 各方面の方々からいろいろ頂いてしまい、本当に有難うございました。 この場をお借りして、トトチン家からお礼を申し上げます。  また、この写真以外にも、石垣島の義理兄夫妻からオルゴール、名古屋のI.Yさんから沢山の贈り物等、いろいろ頂いております。 そして、那須や九州、オーストラリアの親族の皆さん、お祝いの電話やメールをくれた方々、最後にDanの成長を産まれた時から見守って頂いたこのブログに訪れてくれる皆さん、本当に感謝しています。 これからも宜しくお願い致します。



20060918214215.jpg

これは、僕のお兄ちゃん的な存在で芦屋のO.H兄貴から頂きました。
Dan第一号のDan宛てに届いた荷物です。中に入っているタオル等には『Dan』の名前入り。(おまけにEmmaのも!) O.H氏にはEmmaが産まれた際にもEmma第一号の宅急便を送ってくれました。 大切に使わせて頂きます。 涙

スポンサーサイト
20060831233158.jpg

長男誕生から今日まで出産の余韻に浸りつつ、仕事、育児、病院と時間に追われ、毎日バタバタ・・・。 一日の時間がとても足りてない・・。(ごめんなさい、僕の言い訳です。タイムマネージメント出来てないだけですね)

特にEmmaを寝かしつけるのは体力勝負。仕事終わってから病院に行って、帰ってからナカナカ寝ないEmmaを寝かすのはとても体力が消耗して、僕が先に寝ちゃいそうになってます (笑) 


20060831233232.jpg

でも、いくらクタクタでも、生まれてきた子を一目見ると疲れも吹っ飛んじゃいます。生まれた時もこんなに小さかったっけ??って思うくらい小さいんです。 

20060831234422.jpg

ほら、足のサイズも僕の人差し指よりも短いんですよ。足も細くて大切に扱わないと折れてしまいそうなくらいです。

20060831233256.jpg

これから毎日嫌!っと言うくらいだっこ出来ると分かってるんですが、やっぱりだっこしたくなっちゃいます。僕に抱かれて赤ちゃんも「あれ、誰だ?なんだかゴツゴツしてやだな~」なーんて思ってたりして!

トトママは、他の産婦さんと一緒に有意義な時間を過ごしてました。この病院には出産後にエステがついてたり、食事も豪華。 まだ産後の出血もあり、痛みもあるみたいなので、今のうちにゆっくりして体力回復に専念してるみたい。ちなみに退院は明日、9月1日。朝迎えに行ってきます。


朝、起きたらトトママから陣痛が始まった事を告げられ、一発で目が覚めた。前の晩から何となく"予感"というか、胸騒ぎがあった僕はトトママの実家に泊まっていたのでそのまま車に乗せて病院へ直行。 車で約30分、陣痛の間隔もだんだんと短くる。途中、お腹に手をやると普段よりも硬くパンパンに張っていた。トトママの表情はかなり苦しそう。焦る。。

病院に着くとすぐに陣痛室へ。すでに子宮口も5cm開いており、出産は間近に迫っていた。 約3年前のEmmaの時と同じ病院、同じ陣痛室、同じ空気。ただ違ったのは僕もトトママも当時と比べて度胸が据わっていた。
陣痛室に入って約15分後、分娩室へ。かなりのスピード。前回とは大違いだった。 そして・・・



DSCF1904-sepia.jpg

平成18年8月28日午前8時ジャストに元気な男の子が産まれました!
体重3274g。Emmaが産まれてきた時も3200gとほぼ一緒。 出てきた瞬間、赤ちゃんの元気な泣き声を聞いて胸が熱くなった。そして、トトママの側でまた新しい命の誕生に立ち会え、母子共に健康なのを確認できた満足感と達成感に包まれました。


20060828230248.jpg

産まれたばかりなのに、しっかりと指を握りしめてまだ目も見えないのに声のする僕とトトママの方を目でしっかりと追っていました。


20060828230632.jpg

初めてだっこした感覚はとても柔らかく、軽くて潰してしまいそうなくらい小さかったです。


DSCF1947.jpg

午後におばあちゃんとEmmaを連れて再度病院へ。
Emmaは今朝は寝ていたので、起きた頃には僕もトトママもいなく、留守番してました。 トトママのお腹が大きくなるにつれ、Emmaにも説明はしていましたが、実際2歳の子がちゃんと把握なんて出来ませんよね。病院行く前に事前に今朝の出産のビデオを見せましたが、それでも分かってるのかな??って感じでした。 実際、こうやって病院で見ても、家に赤ちゃんが来るまでは実感ないと思います。Emmaは何を思ったのかな?


DSCF1920-sepia.jpg

今の心境は、充実した一日を振り返ってみると、幸福感でいっぱいです。無事に立ち会えて、トトママが想像を絶する様な痛みや辛さを感じている時に側にいれた事や、赤ちゃんの第一声、匂い、感触を体感出来た事。そして、二人を見守ることが出来たこと。


これからも大切に守っていきます。


昨日は横須賀の友達の家に泊まりに行ってきました。
出産間際に!? っと怒られそうですが、産まれたら中々外には出れなくなりそうなので、今がラストチャンスだ!って勢いで行ってきました。
友達のHIROさんの高校時代からの友人が横須賀でフレンチレストランをやっているので連れて行ってもらいました。お店の名前は『シャルディエ』 一日限定一組。宣伝、看板一切無しの隠れ家レストラン。オーナーシェフのS氏の食事はどれも絶品。トークも弾みすばらしい夜でした。
*カメラを忘れ、写真取れなかったのが残念。次回乞うご期待!

もしも、横須賀にいる間、陣痛が始まったら?っと心配もしましたが、トトママがちゃんとお腹の赤ちゃんに『今日は出てこないでね』っと説得したらしく、まだ出てきませんでした。ふ~  

さて、2日ぶりのEmmaはというと、仕事帰りに食事を一緒にしようと実家にバイクで帰ってきた僕を捕まえて、 「パパと自転車乗りたい!」 自転車に乗りながら、今日の出来事や最近Emmaがはまっているトトロの話などして、親子のコミュニケーションをとりました。


20060824230452.jpg

写真は食後の歯磨き。この後、僕に歯を磨かせたくないと大泣きされちゃいました・・・。 なんでですかね? Emmaは歯磨き手伝おうとすると嫌がります。 歌ったり、リズムとったりするんですが、今日は駄目でした。


トトママの予想では26日に産まれるって言ってましたが、さてどうでしょう!


赤ちゃん誕生まであと: 8日
もうそろそろで産まれると思うといてもたってもいられず、昨日はトトママの実家に僕も泊まりました。 
Emmaは最近、赤ちゃんが生まれるのが分かるのか、やたら甘えん坊になったり、グズッたり、不安なのか心配なのか夜もなかなか寝なくなってしまったので、そんなEmmaをすこしでも落ち着かせようと久しぶりに一緒に寝ました。 いつもなら、本を2,3冊読んだら眠くなるはずが、5冊読んでも全く眠る気配がない。ずーっとゴロゴロしてて結局寝たのは11時頃。いつもより2時間遅い。
きっとEmmaもEmmaなりにいろいろ考えて我慢してるんだと思う。そんなEmmaの負担を少しでも減らせるように頑張ってるのですが。

DSCF1844.jpg

食事中も落ち着かないEmmaでしたが、食欲旺盛でした (笑)

Emmaを寝かせた後、ゴロゴロしてたら、Emmaが生まれてくる時の事を思い出しました。 あの時は、初めての出産だったので、僕もトトママも今回よりも不安な気持ちが強かったです。早朝に陣痛が来て、僕がドキドキしながら仕事に行った後、トトママは一度病院に向かいましたが、まだ赤ちゃんが下まで降りてきてなく、もうちょっと時間がかかるという事で一度家に戻り、午後3時ごろ入院。僕はその日一日中、仕事が手につかず、トトママから連絡があった時には心臓が破裂しそうなくらいでした。病院に着いてからは陣痛室でトトママの傍でその時を待ち分娩代に移ってからは、必死に頑張ってるトトママの顔を見ていたら胸が熱くなりました。そしてEmmaが生まれてきた時はすごく、すごく嬉しくて今まで体験した事のないくらい幸せな気分になりました。なにより、立ち会った事により、実際産んだトトママと一緒にその時を迎えられた達成感がありました。 


重さ3200g、身長49cmのホカホカな赤ちゃんを初めて抱きしめた時は、これから、どんな事があっても守ってやる。そして、幸せな人生を送れるよう全力で頑張ると心の中で誓いました。


DSCF1849.jpg


あれから2年と8ヶ月、もう1人子供が増える喜びでその時を待っています。


赤ちゃん誕生まであと: 9日
いよいよ、お腹の赤ちゃんは今週で39週目。
重さも2900gになり、もういつ出てきてもおかしくない時期に入ってきました。 ちなみにEmmaはこの39週目に出てきました。

DSCF1848.jpg

この写真はだいぶ前の写真ですが、こういうエコーの写真を見ると実感が沸いてきます。 最近の写真はあまり良く撮れてないので・・・。

産まれる前は赤ちゃんも下に降りてくるので動かなくなるのですが、まだお腹の赤ちゃんは良く動き回ってるので全然産まれる気配はありません。

出産が始まる時は陣痛が10分おきになったら病院に行くのですが、経産婦の場合は初産婦と違い、早く産まれやすいので、陣痛が20分間隔になったら病院に行きます。僕は今回もバッチリ立ち合う予定です!

トトママはというと、もう今すぐにでも産み落としたいみたい (笑)
床に落ちている物を拾うのが本当に億劫らしい。 僕もお腹いっぱいの時はそうなので共感できますね。 (え!違うの??)

赤ちゃん誕生まであと: 10日  ←あくまでも予定日まで。

那須から帰った僕とEmmaは少々お疲れ気味。
昨日、今日はマッタ~リしてました。

トトママは、Emmaがいない間、気ままにカフェに行ったり、ブラブラ自分の時間を満喫したみたいですが、やはり寂しかったみたい。 たった2泊3日の旅ですが、産まれてからこんなに長い間離れ離れになった事が無かったからいろいろ心配もしたみたい。

Emmaも、那須の滞在中は一言も"ママ"っと言わず、ずっと我慢していたみたい。最後の晩、夜中に目が覚めたEmmaはつい本音が出てしまったのか、"ママ~”っと大泣き。ずっと胸に溜め込んでいた物を、全部涙になって流してました。 次の朝はケロッとしてましたが・・・。

そんな2人は久しぶりに?再会し、大袈裟にハグしてました。


maki38weeks.jpg

僕が不在の間に産気づいたら・・・。っとちょっと気がかりでしたが、まだまだ出てきたくないみたい。 順調にスクスク大きくなってます。





赤ちゃん誕生まであと: 16日
やはり、家族がいない家はなんか物足りない・・・。
今まで普通に生活していたメンバーがいないとリズムが狂う。


良い面は自分の時間が持てること。普段、Emmaに使っている時間(お風呂、寝かせ等)がない分、いつもよりゆとりがある。 

20060811000854.jpg

最近は産まれてくる子への準備としてEmmaの時にも勉強した事を復習。
昔、読んだはずなのに今読み返すと、目から鱗が落ちる情報が沢山ある! 一人で『へぇ~』とか『なるほど!』っと感心してしまう。自分は2人目の育児だし、楽勝だよ! なんて考えてましたが、甘かったです。 やはり、人間勉強し続けないと忘れちゃう事も多いですよね。

それから、名前! まだ本当に決まってません・・・。だんだん焦って来ました。トトママと顔を会わす機会が減った分、もちろん、名前を一緒に考える時間も無くなりました。 もうほんと、いつ産まれてもおかしくないのでそろそろ本腰いれて考えないと! 

赤ちゃん誕生まであと: 21日
今週からトトママは出産まじかという事で実家へ里帰り。もちろんEmmaも一緒に・・・。これで当分Emmaとも会えないのか・・・。トホホ

なんちゃって。実は里帰りといっても実家は車で10分くらいの近さ。超近いのです! (笑)
僕も仕事帰りに寄ってEmmaと遊んで、夕飯を一緒に食べて帰宅しています。今のところ、何も不便なところはなく快適(怒られちゃうかな?)に暮しています。


maki36weeks.jpg

今週で37週目。お腹もパツパツで、トトママもだんだんと動きまわるのが辛くなってきたみたい、いよいよ出産が近づいて来ましたぁ~!

今回で2回目となる出産を一緒に体験する僕は、前回の経験があるせいか、不安は少ない。むしろ男の子を育てるというイベントが待ち遠しいくらいだ。 唯一、心配なのはEmmaのケア。 必然的に赤ちゃんに注目がいく中、Emmaはジェラシーを感じるだろう。きっと関心を惹こうと今まで以上に甘えたり、ぐずったりしてくると思う。そんなEmmaに対してのアテンドは産まれてくる子供と同様、大切なことなんだろう。


最近読んだ本の中にこんなフレーズがあった         

       相手に理解されたければ相手の立場になって考える。


頑張ります。

お腹の中のベイビーは35週目に入りました。
トトママのお腹も ボ~ン と大きくなってます。
すでに仕事も産休に入り家で休養する時間が多くなったトトママは九州のグルメ旅行でたっぷり栄養もらって、もう出ちゃうんじゃないの!?ってくらい膨らんできました。

今日は僕とEmmaも一緒に産婦人科へ定期健診に行って来ました。っというのも、実は5,6月と全く定期検診には行かず、2週間前に行った際にドクターに

『次回は旦那さんも連れてきて下さい・・・ 赤ちゃんは逆子になってます。普通分娩は難しいかもしれませんので、今後の進め方についてお話しましょう。』

っと言われてしまい、不安とショックと検診を怠っていた事を悔やみました。

トトママは2回目の出産だし、看護師だし、出産の知識は持っているから安心していたのと、僕も『日本は病院に行きすぎだよね、オーストラリアだったら絶対こんな頻繁に検診なんて行かない』っと日本にいながらオージーチックな事を主張していて、不安だったり、問題があれば診てもらおう、という感じでした。

でも、クヨクヨした所で逆子なだけで、赤ちゃんは順調だし、逆子体操頑張って元の位置に戻そうキャンペーンをしたら、なんと3日目の夜くらいにトトママが『なんだか、赤ちゃんちゃんと元に戻ったみたいよ」っとの事。足を蹴ってお腹が出っぱる位置が正常な場所になったらしく、自信たっぷり。九州旅行前で無理は出来ないのでキャンセルも考えていただけに旅行キャンセルになるのが嫌で大丈夫と言っているのかと疑っていた僕でしたが、トトママが嬉しそうに自信たっぷりに力説するので信じました。


emma&totomama,34weeks

病院でEmmaをプレイルームで遊ばせながら、他のパパ達とソワソワしながら、順番を待っていたところ、トトママが呼ばれ、しばらくしてからナースが僕を探しに来て「中にお入り下さい」 緊張して顔がこわばる僕。(怒られるからじゃないですよ 笑) 中に入ると、『逆子は治ってますね、全くもって順調です。この時期にまた逆子に戻る確率は3%くらいです』と笑みが素敵なベテランドクター。
ふっとトトママを見るとニヤリと勝ち誇った顔をしてました。

確かにトトママは頑張りました!逆子を元に戻すポーズは女豹のような恥ずかしい格好をするのでそばにいる僕もプルプル笑いをこらえるのに必死でした 笑

何はともあれ、母子ともに健康です。
Emmaの場合は39週で産まれたのであと1ヶ月くらいで産まれるでしょう。
エコーも見た僕は検診前よりも実感が湧いてきた。

これからは、ちゃんと検診も行きますよ。ご心配なく。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。